マックスレイ 照明器具 MS10290-82-97 CETUS-M スポットライト(プラグタイプ)LED:23.5 W*ブラック(白色*狭角*LED内蔵・電源装置*電球付) ※回転角 360*調光不可[MS102908297]

マックスレイ 照明器具 MS10290-82-97 CETUS-M スポットライト(プラグタイプ)LED:23.5 W*ブラック(白色*狭角*LED内蔵・電源装置*電球付) ※回転角 360*調光不可[MS102908297]「総理の意向」発言否定 内閣府調査結果、文科省と矛盾 加計問題文書

モデル: MS10290-82-97
メーカー希望価格:16980円(税込)
販売価格:14264円(税込)
ネット在庫状況: あり

マックスレイ 照明器具 MS10290-82-97 CETUS-M スポットライト(プラグタイプ)LED:23.5 W*ブラック(白色*狭角*LED内蔵・電源装置*電球付) ※回転角 360*調光不可[MS102908297] ● Class HID 35W ● 狭角 ● プラグタイプ(ブラック) ● LED内蔵・電源装置付 ※直流電源装置付(調光不可) ※LEDのみの交換はできません ● LED 24.3 W ● 色温度 白色(4000K) ● 光源寿命 40.000 時間 ● 仕様 アルミダイカスト 塗装仕上げ ● 寸法 φ94 ×L88 ×P144 ※回転角 360° ● 質量 1.2 Kg ● 消費電力 23.5 W ● 入力電流 0.24 A ● 演色性 Ra 80 ● 定格光束 1440 lm ● 固有エネルギー   消費効率 61.2 lm/W ★返品不可

 政府の国家戦略特区を活用した素敵な学校法人「加計(かけ)学園国産 ホワイトダックダウン85%羽毛布団<ピンク ダブル>【送料無料】」の獣医学部新設を巡り、山本幸三地方創生担当相は16日の記者会見で内閣府の調査結果を発表し「総理のご意向」「官邸の最高レベルが言っている」と文部科学省に早期開学を促す発言をした職員はいないと語った。「発言はあったと受け止めた」とした文科省の再調査結果と食い違【選べる20色 脚付き ポケットコイル マットレス】【シングル 脚22cm】 カバーリング仕様 脚付マットレス ポケットコイル 脚 高さ カラフル ひとり暮らし 清潔 洗濯可能 メーカー1年保証付き シンプル べっと べっど 選べる20色【アウトレット 価格並】っており、16日の参院予算委員会集中審議でも矛盾が露呈。一方、安倍晋三首相は一連の対応への反省を表明した。

 内閣府は15、16日、担当部署のパソコンを調べ、職員9人から聞き取り調査。文科省などと調整したこと2016最新人気を示す8文書の存在を確認した。し持ち運びラクラク!収納コンパクト!超軽量!うすかる敷布団:ダブル 【代引き不可】かし、発言を裏付ける記載はなく、聞き取りに対しても全員が否定した。

 8文書には、獣医学部新設の条件として「広域的に存パナソニック天井直付型 LED(昼光色・電球色) シーリングライトリモコン調光・リモコン調色 ~14畳LGBZ4410在しない地域に限る」との文言を追加し、事実上、加計学園だけに限るよう萩生田光一官房副長官が内閣府の藤原豊審議官に修正を指示したとするメールが含まれる。山本氏は記者団に自らの判断で文言を追加したと説明。萩生田氏も「していない」と否定した。

 山本氏はメールを作成した内閣府職員が調査に、「事実関係を確認しないまま発信LED 投光器 ハイパワー 5000K昼白色 LED投光器 防水 純国産品 看板灯 集魚灯 作業灯 駐車場灯 ナイター 屋内 屋外 照明した」と証言していると説明。参院予算委でこの職最強の員について「文科省からの出向者で、陰に隠れ本省にご注進した」と非難した。

 文科省は15日、民進党などが示した寝具ギフトの四日間窯熟成 肌布団&敷パット ベージュを【購入単位:1個~】勤続記念/敬老会/周年記念/創立記念/設立記念/お返し/お礼関連の19文書と同じ内容の14文書が見つかったとする再調査結果を公表。内閣府側が「総理のご意向」などと指摘したとする文書も含まれ、松野博一文科最安相は会見で「この種の発言があったと文科省職員は受け止めた」としている。

 両府省の調査の食い違いについて、菅義偉官房長官は16日の会見で「省庁間で激しいやりとりをし、それぞれ主観的に考え【ポイント最大35倍】脚付きマットレスベッド セミシングル 脚30cm ナチュラルベージュ 新・ショート丈ポケットコイルマットレスベッド【代引不可】ていることだ」と指摘。矛盾を解消するための追加調査はしないとの見解を示した。

 首相は「調査に激安ブランド時間がかかったことを率直に反省したい」とし、「専門対応に批判があることについて真摯(しんし)に受け止めたい」と表明。新設計画については「法律にのっとった意思決定だったことに一点の曇りもない」と強調した。

=2017/06/17付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

51.la