木製ポスターフレーム【WIDE】:660mm×915mm

木製ポスターフレーム【WIDE】:660mm×915mm「総理の意向」発言否定 内閣府調査結果、文科省と矛盾 加計問題文書

モデル: wide660915
メーカー希望価格:12720円(税込)
販売価格:10685円(税込)
ネット在庫状況: あり

木製ポスターフレーム【WIDE】:660mm×915mm ★商品イメージ(画像のフレーム色は「ブラック」です。)【MODERN】タイプの幅を広くしたタイプの木製フレームです。1辺あたり約10mm幅が広いので重厚感が増していますが、厚さは変わりませんので非常にスマートな印象を与えます。モダンなインテリアに合わせるために弊社とメーカーが共同開発したお勧め商品です。国内有数の老舗フレームメーカーが木材の仕入れから製品の仕上げまでの一環生産で、職人が一つ一つ手作りした高品質な商品は業界の厚い信頼を得ています。角型のシンプルな形状はモダンアートポスターにぴったり合います。木材には選りすぐりの国内産のムク材を使用しています。壁掛け用の「専用ヒモ」が付いています。 フレーム、1ミリ透明エンビ、裏板、紐が付いています。色は18色から選べます。なお、この商品は受注生産しているため通常10~14日、場合によっては3週間程お待ちいただきます。ご了承ください。ポスターフレームをご注文の際は、以下の点にご注意ください。★当商品は受注生産商品のため、ご注文からお届けまでに通常10~14日、場合によっては3週間程のお時間を頂きます。★当商品は製作手配後のキャンセル・色の変更はお受けできません。今一度【サイズ】と【フレーム色】をご確認ください。★当商品は不良以外の理由によるご返品はお受けできません。

 政府の国家戦略特区を活用した【お気に入り】学校法人「加計(かけ)学園切り文字 アイロンシート 【グリッターカラー】【22×22】【14文字】 文字プリント アイロンプリント オーダーメイド 手作り (オ)」の獣医学部新設を巡り、山本幸三地方創生担当相は16日の記者会見で内閣府の調査結果を発表し「総理のご意向」「官邸の最高レベルが言っている」と文部科学省に早期開学を促す発言をした職員はいないと語った。「発言はあったと受け止めた」とした文科省の再調査結果と食い違【五月人形 名前旗】銀刺繍名前旗 誕生日入り 名物裂 飛龍・紺 特中っており、16日の参院予算委員会集中審議でも矛盾が露呈。一方、安倍晋三首相は一連の対応への反省を表明した。

 内閣府は15、16日、担当部署のパソコンを調べ、職員9人から聞き取り調査。文科省などと調整したこと2016年新作を示す8文書の存在を確認した。し忘年会 ビンゴ 2次会 結婚式 二次会 忘年会 イベント景品15点セット【シャープ プラズマクラスター 空気清浄機】【送料無料 特大パネル】【tf040】【人気 クリスマス会 女子会 年末イベント 大晦日 景品セット お正月 幹事 年越しイベント 食品 家電】かし、発言を裏付ける記載はなく、聞き取りに対しても全員が否定した。

 8文書には、獣医学部新設の条件として「広域的に存【壁掛け 絵画】桜皮細工(かばざいく)4枚セット 樺細工/インテリア 壁掛け 額入り 油絵 ポスター アート 海 ひまわり アートパネル リビング 玄関 プレゼント 花 ラッセン ハワイ モダン アートフレーム おしゃれ在しない地域に限る」との文言を追加し、事実上、加計学園だけに限るよう萩生田光一官房副長官が内閣府の藤原豊審議官に修正を指示したとするメールが含まれる。山本氏は記者団に自らの判断で文言を追加したと説明。萩生田氏も「していない」と否定した。

 山本氏はメールを作成した内閣府職員が調査に、「事実関係を確認しないまま発信石仏 観音菩薩(浮き彫り)した」と証言していると説明。参院予算委でこの職海外有名ブランドが激安員について「文科省からの出向者で、陰に隠れ本省にご注進した」と非難した。

 文科省は15日、民進党などが示したキャバリーノ オリジナル ペア カプチーノ カップ 【送料無料】関連の19文書と同じ内容の14文書が見つかったとする再調査結果を公表。内閣府側が「総理のご意向」などと指摘したとする文書も含まれ、松野博一文科低価格相は会見で「この種の発言があったと文科省職員は受け止めた」としている。

 両府省の調査の食い違いについて、菅義偉官房長官は16日の会見で「省庁間で激しいやりとりをし、それぞれ主観的に考え開運・バラエティ雑貨 生活日用品 雑貨 福だるま 15号 赤ていることだ」と指摘。矛盾を解消するための追加調査はしないとの見解を示した。

 首相は「調査に正規通販時間がかかったことを率直に反省したい」とし、「チャンスを逃さないように対応に批判があることについて真摯(しんし)に受け止めたい」と表明。新設計画については「法律にのっとった意思決定だったことに一点の曇りもない」と強調した。

=2017/06/17付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

51.la