【作家名】池上壮豊 【作品名】残月

【作家名】池上壮豊 【作品名】残月「総理の意向」発言否定 内閣府調査結果、文科省と矛盾 加計問題文書

モデル: soho-zangetu
メーカー希望価格:126000円(税込)
販売価格:105840円(税込)
ネット在庫状況: あり

【作家名】池上壮豊 【作品名】残月 ●画家名:池上壮豊 ●作品名:残月●絵のサイズ: W52×H68cm●額装サイズ:W71×H90cm●版画の技法:シルクスクリーン●サイン:作家直筆鉛筆サイン●シリアルナンバー:26/90池上壮豊先生がシルクスクリーンの版画で制作した桜の花の絵「残月」は、1985年に制作された桜の花の絵のシルクスクリーンです。限定枚数もシルクスクリーンの版画としてはとても少ない90部しかありません。池上壮豊先生のシルクスクリーンの版画作品の中でも、一番大きいサイズの版画作品です。まるで大和絵を見ているような気品があり、白い桜と薄桃色の桜の花の色の対比が実に見事です。桜の花の上部には金の色で月と桜が描かれ豪華さを演出しています。満開の白い桜に赤の背景、そして金の色のコントラストが、お部屋に飾るととても存在感のある桜の花の絵のシルクスクリーンです。この池上壮豊先生の桜の花の絵「残月」は、アートギャラリーモトカワの以前からのお客様にご購入いただき、ご自宅の和室に飾り付けをさせていただきました。築100年近くの立派な日本家屋の和室に、池上壮豊先生のこの桜の花の絵のシルクスクリーンは見事に馴染んで、ずっと昔から飾ってあったかのようでした。お客様にも和室が生き返ったと言われて大変喜んでいただきました。池上壮豊先生がシルクスクリーンの版画で制作した桜の花の絵「残月」をぜひご自宅のインテリアやプレゼントの絵としてご購入ください。

 政府の国家戦略特区を活用した人気TOP学校法人「加計(かけ)学園茶器・茶道具■ モール累座建水 鵬雲斉好写 ■金森竜泉作 銅製 紙箱入り【高岡銅器】」の獣医学部新設を巡り、山本幸三地方創生担当相は16日の記者会見で内閣府の調査結果を発表し「総理のご意向」「官邸の最高レベルが言っている」と文部科学省に早期開学を促す発言をした職員はいないと語った。「発言はあったと受け止めた」とした文科省の再調査結果と食い違[東旭][武者絵幟][武者絵幟]金箔入(綿綾織)[川中島の合戦](2人絵)6m幟単品[ポール別売り][tk-56-60a][日本の伝統文化][五月人形]っており、16日の参院予算委員会集中審議でも矛盾が露呈。一方、安倍晋三首相は一連の対応への反省を表明した。

 内閣府は15、16日、担当部署のパソコンを調べ、職員9人から聞き取り調査。文科省などと調整したこと高い評判を示す8文書の存在を確認した。しイベント用品 ビニールテーブルクロス 100m巻 厚さ0.1mm 幅915mm 巻物タイプ 白(ホワイト)かし、発言を裏付ける記載はなく、聞き取りに対しても全員が否定した。

 8文書には、獣医学部新設の条件として「広域的に存★ポイント20倍★ こいのぼり 庭 庭園用 こいのぼり 千寿 3m 6点 吹流し+鯉3匹鯉のぼり 庭 庭園用 ガーデンセット 撥水加工(はっ水) 家紋 名前入れ対応 ポリエステル 鯉 115-230 徳永鯉のぼり 2017年 【smtb-tk】【RCP】[P10]在しない地域に限る」との文言を追加し、事実上、加計学園だけに限るよう萩生田光一官房副長官が内閣府の藤原豊審議官に修正を指示したとするメールが含まれる。山本氏は記者団に自らの判断で文言を追加したと説明。萩生田氏も「していない」と否定した。

 山本氏はメールを作成した内閣府職員が調査に、「事実関係を確認しないまま発信ハッピージャグラーV スロット実機【コイン1000枚セット】パチスロ/中古機/スロットマシン/家スロ【中古】した」と証言していると説明。参院予算委でこの職激安員について「文科省からの出向者で、陰に隠れ本省にご注進した」と非難した。

 文科省は15日、民進党などが示したわくわくお菓子つかみ取り大会 約100人用 1151-06関連の19文書と同じ内容の14文書が見つかったとする再調査結果を公表。内閣府側が「総理のご意向」などと指摘したとする文書も含まれ、松野博一文科秋冬新作相は会見で「この種の発言があったと文科省職員は受け止めた」としている。

 両府省の調査の食い違いについて、菅義偉官房長官は16日の会見で「省庁間で激しいやりとりをし、それぞれ主観的に考えバイリーン 芯地 完全接着タイプ(不織布) GS-8 920mm×25m【インテリア・雑貨の専門店_和洋裁材料_芯地_ハピネスライフケア】ていることだ」と指摘。矛盾を解消するための追加調査はしないとの見解を示した。

 首相は「調査に贅沢なデザイン時間がかかったことを率直に反省したい」とし、「最安対応に批判があることについて真摯(しんし)に受け止めたい」と表明。新設計画については「法律にのっとった意思決定だったことに一点の曇りもない」と強調した。

=2017/06/17付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

51.la